Top / プロジェクト / Study CIRcle 2021-2022  公開レクチャーシリーズ第1回「カンボジアの子どもたちに権利ベースでアプローチすることとは」

Study CIRcle 2021-2022  公開レクチャーシリーズ第1回「カンボジアの子どもたちに権利ベースでアプローチすることとは」のご案内

グローバル・スタディーズ研究センターでは、学生が自らの知的好奇心に基づいて、自ら設定したテーマを追求するStudyCIRcleという活動を、昨年度から行っています。Study CIRcleでは、学生の要望に応じて、専門家の先生をお招きしてお話を伺うことを特徴としており、これをレクチャーシリーズとして公開します。当日は、先生をお呼びした学生が進行を行い、レクチャーに加えて、本人からの質疑を中心に進行します。

公開レクチャーシリーズ第1回概要

  • 講師 甲斐田万智子先生(文京学院大学)
  • 日程 11月27日(土)   14時から15時まで
  • 講義タイトル   「カンボジアの子どもたちに権利ベースでアプローチすることとは」
  • 講義概要:
    • カンボジアでは、2019年の多次元貧困率は37.2%(UNDP)、2020年の5歳~14歳の児童労働の割合は7.5%(243,371)(ILO)と、未だに深刻な生活状況にいる子どもは多い状況です。国際的な支援方法として、子どもと大人に、子どもの権利を伝えてエンパワメントする方法があり、カンボジアでも取り組まれています。今回は、実際にカンボジアの現地NGOと連携して子どもの権利を守る活動をしている、甲斐田万智子さんをお招きして、カンボジアの子どもたちに権利ベースでアプローチしたときの実体験のお話やその意義について話していただきます。
  • 講師プロフィール:
    • 甲斐田万智子/認定NPO法人国際子ども権利センター 代表理事、文京学院大学教員、広げよう!子どもの権利条約キャンペーン共同代表。
      インドで働く子どもが児童労働問題解決に参加しエンパワーされるのを見てきた体験から、シーライツの職員として日本で子どもの参加の権利を普及する活動を進める。2004年からカンボジアで子ども自身が人身売買や児童労働をなくす活動に従事。編著『世界中の子どもの権利をまもる30の方法』(合同出版)、「児童労働と子どもの権利ベース・アプローチ」『児童労働撤廃に向けて: 今、私たちにできること』(アジア経済研究所)、共著『SDGsと開発教育持続可能な開発目標のための学び』(学文社)、共編著『小さな民のグローバル学:共生の思想と実践を求めて』(上智大学出版)共著『対人援助のためのコミュニケーション学:実践を通じた学際的アプローチ』(文京学院大学総合研究所)ほか。
静岡県立大学国際関係学部 静岡市駿河区谷田52-1 TEL:054-264-5381 Copyright(c) CEGLOS All Rights Reserved